1

おかしん投信自動積立とは?

お客さまの指定預金口座から毎月指定する金額を振替指定日に自動的に引き落とし、お客さまの指定した投資信託を自動的に買い付けるサービスです。

※ご利用にあたっては、投資信託取引口座が必要となります。

2

おかしん投信自動積立のメリット

メリット1
少額から無理なく計画的に資産形成ができます!

1千円以上1千円単位でお申込みいただけますので、無理なくはじめることができます。
ボーナス月などには増額も可能です。(年6回まで)

メリット2
購入手続きが軽減できます!

毎月5日(休日の場合は翌営業日)に、指定口座から自動振替を行い、その翌々営業日にご指定のファンドを買い付けますので、購入の都度ご来店いただく必要がありません。

メリット3
購入コストが長期的に安定します!

「ドル・コスト平均法」を利用して、日々の価格変動にかかわらず時間を分散して購入することで長期的な資産形成を目指します。

3

「ドル・コスト平均法」とは?

資産を分割して均等額ずつ継続して購入する手法です。
「ドル・コスト平均法」で投資信託を購入すれば、価額が低い時の購入口数が多くなる一方で、価額が高い時の購入口数は少なくなります。そのため、基準価額に関係なく単に一定の口数を購入していくよりも、平均購入単価を平準化させる効果があります。

※相場の下落時に損失を防止するものではありません。

「ドル・コスト平均法」とは?

※上記の基準価額の推移、投資実績はあくまで仮定であり、実際の投資効果をお約束するものではありません。
 実際の相場動向によっては、事例と異なる投資実績となる場合があります。

※算出にあたっては、手数料などの費用については考慮しておりません。

投資信託についての留意事項
  • 投資信託は、預金、保険契約ではありません。
  • 投資信託は、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 当金庫が取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • 投資信託は、元本および利回り・分配金の保証はありません。
  • 投資信託は、組入有価証券などの価格下落や組入有価証券などの発行者の信用状況の悪化などの影響により、基準価額が下落して元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動などの影響により、基準価額が下落して元本欠損が生ずることがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託のご購入時には、買付時の1口あたりの基準価額(買付価額)に最大3.24%(税込)を乗じて得た額をご負担いただきます。換金時には、換金時の基準価額に最大0.5%の信託財産留保額が必要となります。また、これらの手数料とは別に投資信託の純資産総額の最大年2.0294%(税込)を信託報酬として、信託財産を通じてご負担いただきます。
  • 投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  • 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面などを必ずお読みいただき、内容を確認・理解された上で、ご自身でご判断ください。インターネット専用ファンドを除き、投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面などは当金庫本支店にご用意いたしております。
  • 当資料は、投資判断の参考として岡崎信用金庫が作成したものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。

投資信託に関するお問い合せは

市場事務部 窓販業務課

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00 ※信用金庫休業日を除きます。