セキュリティ対策について

このページでは、お客さまが安心・安全にインターネットバンキングをご利用していただくために、重要なセキュリティ対策の設定やご注意いただくことを項目別にご案内しております。ご利用のサービスから詳細ページをご確認ください。
なお、おかしん投信インターネットサービスについては、トップページの「ご利用環境・セキュリティ」をご覧ください。

おかしんビジネスダイレクト

お客さまの対策

安心・安全におかしんビジネスダイレクトをご利用していただくために、お客さまご自身によりご確認・ご注意していただくことをご案内しています。あわせて、お客さまによるセキュリティ対策 自己チェックシートをご用意していますので、ご活用ください。

推奨環境で使用してください

推奨環境でご利用いただくことにより、一定レベルのセキュリティの提供と予期しないトラブルを防ぐことができます。
詳しくはhttp://www.shinkin.co.jp/info/houjincl/kankyo.htmlをご覧ください。

各種ソフトウェアは最新の状態にしてください

OSやブラウザ、インストールされている各種ソフトウェアは常に最新の状態に更新していただくことで、セキュリティ上の問題点などの修正が行われます。また、サポートが切れているものは使用を中止してください。

セキュリティソフトのウイルス定義は最新の状態にしてください

お客さまで導入しているセキュリティソフトのウイルス定義などは最新の状態にし、常時稼働させておくことで、最新のウイルスなどへの対策が行えます。契約期間の切れているセキュティソフトは更新が行われないため危険な状態です。

必要ないパソコンはLAN環境に接続しないでください

インターネットを利用しないパソコンについては、LANケーブルを外したり、無線LANの電源を落としてください。

パスワードがないWi-Fiスポットなどからのログインはしないでください

パスワードを使用せずに無線通信を利用してインターネットにアクセスした場合、第三者により不正に通信内容を取得される恐れがあります。

使用しているパソコンを第三者へ提供・貸与しないでください

インターネットバンキングで使用しているパソコンを第三者が操作することにより不正利用の恐れがありますので、提供や貸与などの行為は行わないでください。

表示したサイトが正規のサイトであることを確認してください

正規のサイト見せかけた偽サイトが存在しています。フィッシングと呼ばれる手口で、偽サイトからIDや暗証番号などを入力すると、不正に取得される可能性がありますので、正規のサイトであるか確認してください。
フィッシングの手口については、http://www.okashin.co.jp/bd/phi.html、対策ソフトについては、http://www.okashin.co.jp/security/phishwall.htmlをご覧ください。

ID、パスワードなどは適切に管理してください

誕生日や電話番号などから推測できる番号や他のサービスなどで既に使用している番号と同一の番号は使用しないでください。一度設定した暗証番号も定期的(90日)に変更を行ってください。また、ブラウザのオートコンプリート機能やテキスト、画像、その他の方法でパソコンの中に暗証番号などを保存しないようにしてください。

サービス利用後は、ログオフしてください

サービス利用後にログオン状態のままにしておくと、遠隔操作などにより第三者に悪用される恐れがあります。利用後は必ずログオフを行ってください。

住所やメールアドレスを変更したら、すぐに手続きを行ってください

当金庫から重要なお知らせや取引内容に関する通知を行う場合がございます。お客さまに関する大切なご案内ですので、必ず変更の手続きをお願いします。

ファイル交換ソフトや身元不明ソフトなどはインストールしないでください

ファイル交換ソフトや身元不明ソフトなどを経由してウイルスに感染する恐れがありますので、利用を控えてください。(例:WinnyやWinMIXなど)

不審なメールや身に覚えのないメールは開かないでください

発信元に覚えのないメールやメールに添付されているファイルなどを開くことにより、ウイルスに感染する恐れがあります。不審なメールや身に覚えのないメールは開かないようにしてください。

ログオン後は前回ログオン日時をご確認ください

身に覚えのない日時に前回ログオンを行っていた場合、不正アクセスの恐れがあります。確認方法はこちらをご覧ください。

定期的に操作履歴と取引履歴をご確認ください

定期的に過去の操作や取引の履歴、入出金状況を確認することで、不正な操作や資金移動などを早期に発見することができます。確認方法はこちらをご覧ください。

取引の通知メールをご確認ください

お取引があった場合に通知メールを送信することができます。メールを確認することで身に覚えのない取引を早期に発見することができます。ご利用状況の確認と設定方法はこちらをご覧ください。

振込限度額は必要最低限にしておいてください

万が一、資金移動などの不正操作をされたとしても、振込限度額を設定しておくことで被害金額を最小限に抑えることができます。振込限度額の確認と設定方法はこちらをご覧ください。

当金庫による対策

当金庫ではお客さまが安心・安全におかしんビジネスダイレクトをご利用できるように様々なセキュリティ対策を行っています。当金庫が提供しているセキュティ対策については、下記項目をご覧ください。

EV-SSL証明書の導入

EV-SSL証明書とは、「Extended Validation SSL証明書」の略で、認証局の厳格な審査をクリアした企業だけが導入できます。ブラウザのアドレスバーが緑色に変わり、認証局名が表示されるため、正規のサイトであることが一目でわかります。

TLSに対応した暗号化通信を採用

通信内容を不正に読み取られることがないようにTLSに対応した通信暗号化して漏えい・盗聴・改ざんを防止します。

セキュリティソフトの無償提供

フィッシング・不正送金対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」の無償提供を行っています。
対策ソフトの詳細はhttp://www.okashin.co.jp/security/phishwall.htmlをご覧ください。

ソフトウェアキーボードの提供

キーボード操作を不正に読み取ることを防ぐため、マウスを使用してディスプレイ上で暗証番号を入力することができます。
詳しくはhttp://www.shinkin.co.jp/ss2/houjin/help/keyboard.htmlをご覧ください。

ワンタイムパスワードの導入

不正送金を防ぐため、資金移動の際には利用者ワンタイムパスワードを使用することによりセキュリティを高めます。
ワンタイムパスワードの設定方法はこちらをご覧ください。

電子証明書方式の導入

第三者のパソコンからの不正操作を防ぐため、利用するパソコンに対して電子証明書を発行します。電子証明書を取得したパソコン以外からはアクセスできなくなります。

一定回数の誤入力でパスワードロック

不正アクセスを防ぐため、暗証番号などを一定回数間違えて入力した場合、インターネットバンキングの操作を停止します。

自動ログオフ機能の導入

第三者による不正操作を防ぐため、15分以上端末の操作がなかった場合、自動でログオフします。

前回ログオン日時の表示

ログオン後のステータス画面で前回ログオン日時を確認することができます。身に覚えのない日時に前回ログオンを行っていた場合、不正アクセスの恐れがあります。確認方法はこちらをご覧ください。

資金移動などのメールによる通知

資金移動を行った場合に通知メールが送信されます。メールを確認することで身に覚えのない取引を早期に発見することができます。ご利用状況の確認と設定方法はこちらをご覧ください。

当日の資金移動先の制限

不正送金を防ぐため、資金移動については基本的に予約扱いのみを取扱い、当日の資金決済を停止しています。

おかしんパーソナルダイレクト・おかしんインターネット支店

お客さまの対策

安心・安全におかしんパーソナルダイレクトをご利用していただくために、お客さまご自身によりご確認・ご注意していただくことをご案内しています。あわせて、お客さまによるセキュリティ対策 自己チェックシートをご用意していますので、ご活用ください。

推奨環境で使用してください

推奨環境でご利用いただくことにより、一定レベルのセキュリティの提供と予期しないトラブルを防ぐことができます。
詳しくはhttp://www.shinkin.co.jp/info/houjincl/kankyo.htmlをご覧ください。

各種ソフトウェアは最新の状態にしてください

OSやブラウザ、インストールされている各種ソフトウェアは常に最新の状態に更新していただくことで、セキュリティ上の問題点などの修正が行われます。また、サポートが切れているものは使用を中止してください。

セキュリティソフトのウイルス定義は最新の状態にしてください

お客さまで導入しているセキュリティソフトのウイルス定義などは最新の状態にし、常時稼働させておくことで、最新のウイルスなどへの対策が行えます。契約期間の切れているセキュティソフトは更新が行われないため危険な状態です。

不特定多数の方が利用できるパソコンではログインいないでください

ネットカフェなどの同一パソコンを不特定多数の人で利用する場合、パソコンの中に暗証番号情報などが残り、第三者により不正に利用される恐れがあります。

パスワードがないWi-Fiスポットなどからのログインはしないでください

パスワードは使用せずに無線通信を利用してインターネットにアクセスした場合、第三者により不正に通信内容を取得される恐れがあります。

使用しているパソコンを第三者へ提供・貸与しないでください

インターネットバンキングで使用しているパソコンを第三者が操作することにより不正利用の恐れがありますので、提供や貸与などの行為は行わないでください。

表示したサイトが正規のサイトであることを確認してください

正規のサイト見せかけた偽サイトが存在しています。フィッシングと呼ばれる手口で、偽サイトからIDや暗証番号などを入力すると、不正に取得される可能性がありますので、正規のサイトであるか確認してください。
フィッシングの手口については、http://www.okashin.co.jp/bd/phi.html、対策ソフトについては、http://www.okashin.co.jp/security/phishwall.htmlをご覧ください。

ID、パスワードなどは適切に管理してください

誕生日や電話番号などから推測できる番号や他のサービスなどで既に使用している番号と同一の番号は使用しないでください。一度設定した暗証番号も定期的(90日)に変更を行ってください。また、ブラウザのオートコンプリート機能やテキスト、画像、その他の方法でパソコンの中に暗証番号などを保存しないようにしてください。

サービス利用後は、ログアウトしてください

サービス利用後にログオン状態のままにしておくと、遠隔操作などにより第三者に悪用される恐れがあります。利用後は必ずログアウトを行ってください。

住所やメールアドレスを変更したら、すぐに手続きを行ってください

当金庫から重要なお知らせや取引内容に関する通知を行う場合がございます。お客さまに関する大切なご案内ですので、必ず変更の手続きをお願いします。

ファイル交換ソフトや身元不明ソフトなどはインストールしないでください

ファイル交換ソフトや身元不明ソフトなどを経由してウイルスに感染する恐れがありますので、利用を控えてください。(例:WinnyやWinMIXなど)

不審なメールや身に覚えのないメールは開かないでください

発信元に覚えのないメールやメールに添付されているファイルなどを開くことにより、ウイルスに感染する恐れがあります。不審なメールや身に覚えのないメールは開かないようにしてください。

ログイン後は前回ログイン日時をご確認ください

身に覚えのない日時に前回ログインを行っていた場合、不正アクセスの恐れがあります。確認方法はこちらをご覧ください。

定期的に操作履歴と取引履歴をご確認ください

定期的に過去の操作や取引の履歴、入出金状況を確認することで、不正な操作や資金移動などを早期に発見することができます。確認方法はこちらをご覧ください。

取引の通知メールをご確認ください

お取引があった場合に通知メールを送信することができます。メールを確認することで身に覚えのない取引を早期に発見することができます。ご利用状況の確認と設定方法はこちらをご覧ください。

振込限度額は必要最低限にしておいてください

万が一、資金移動などの不正操作をされたとしても、振込限度額を設定しておくことで被害金額を最小限に抑えることができます。振込限度額の確認と設定方法はこちらをご覧ください。

当金庫による対策

当金庫ではお客さまが安心・安全におかしんパーソナルダイレクト・おかしんインターネット支店をご利用できるように様々なセキュリティ対策を行っています。当金庫が提供しているセキュティ対策については、下記項目をご覧ください。

EV-SSL証明書の導入

EV-SSL証明書とは、「Extended Validation SSL証明書」の略で、認証局の厳格な審査をクリアした企業だけが導入できます。ブラウザのアドレスバーが緑色に変わり、認証局名が表示されるため、正規のサイトであることが一目でわかります。

TLSに対応した暗号化通信を採用

通信内容を不正に読み取られることがないようにTLSに対応した通信暗号化して漏えい・盗聴・改ざんを防止します。

セキュリティソフトの無償提供

フィッシング・不正送金対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」の無償提供を行っています。
対策ソフトの詳細はhttp://www.okashin.co.jp/security/phishwall.htmlをご覧ください。

ソフトウェアキーボードの提供

キーボード操作を不正に読み取ることを防ぐため、マウスを使用してディスプレイ上で暗証番号を入力することができます。
詳しくはhttp://www.shinkin.co.jp/ss2/houjin/help/keyboard.htmlをご覧ください。

ワンタイムパスワードの導入

不正送金を防ぐため、振込の際にはワンタイムパスワードの利用を必須としております。
ワンタイムパスワードの設定方法は以下をご覧ください。

ソフトウェアトークンの設定方法はこちら
ハードウェアトークンの設定方法はこちら

一定回数の誤入力でパスワードロック

不正アクセスを防ぐため、暗証番号などを一定回数間違えて入力した場合、インターネットバンキングの操作を停止します。

自動ログアウト機能の導入

第三者による不正操作を防ぐため、15分以上端末の操作がなかった場合、自動でログアウトします。

前回ログイン日時の表示

ログイン後のステータス画面で前回ログイン日時を確認することができます。身に覚えのない日時に前回ログインを行っていた場合、不正アクセスの恐れがあります。確認方法はこちらをご覧ください。

取引結果などのメールによる通知

振込などのお取引を行った場合に通知メールが送信されます。メールを確認することで身に覚えのない取引を早期に発見することができます。ご利用状況の確認と設定方法はこちらをご覧ください。

全てのお客さま

最近の金融犯罪の手口

スパイウェアやキーロガーなどの不審なソフトウェア

スパイウェアとは、外部からパソコンに入り込み大切な情報を盗み出して、外部に送信してしまうウイルスです。キーロガーとは、キーボードの入力情報を監視し、暗証番号などを盗み出すウイルスです。
詳しくはhttp://www.okashin.co.jp/bd/spy.htmlをご覧ください。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、金融機関などを装った電子メールを送り、金融機関などに似せたホームページ(偽サイト)へ誘導して、利用者番号や暗証番号(パスワード)などの重要情報を入力させて詐取する行為です。
詳しくはhttp://www.okashin.co.jp/bd/phi.htmlをご覧ください。

金融機関や配達業者を騙った送付物やメール

お取引金融機関を装って、セキュリティ対策用ソフトと称したCD-ROMが送付されたり、金融機関や配達業者を装ったメールなどが届くという事例も発生しています。メールや添付ファイルを開くことによりウイルスなどに感染し、不正送金などの被害にあう恐れがあります。くれぐれも、身に覚えのないメールなどは開かないようにお願いします。

万が一被害にあってしまった場合

お問い合わせ先

<おかしんEBサービス コールセンター>

受付時間:月曜日~金曜日 8:45~19:00

<時間外のお問い合わせ先 ATM監視センター>

以下のような場合はお問い合わせください

・ウイルスなどに感染してしまった場合
・偽サイトに個人情報などを入力してしまった場合
・身に覚えのない取引や操作履歴がある場合