岡崎信用金庫

MENUCLOSE

サービス内容

電子記録債権とは

  • 2008年12月に施行された「電子記録債権法」により創設された、ITを活用した新しい支払い手段です。
  • 手形の代替や売掛債権の流動化を図ることで、中小事業者の資金調達の円滑化等が期待されています。
  • 電子記録債権は、インターネット(PC)等を通じて、電子記録債権を記録・管理する電子債権記録機関の記録原簿へ電子記録をすることで、安全・簡易・迅速に、支払いや譲渡等を行うことができます。
手形
  • 〇 作成・交付・保管コスト
  • 〇 紛失・盗難リスク
  • 〇 分割不可
電子記録債権
  • 〇 電子データ送受信等による発生・譲渡
  • 〇 記録機関の記録原簿で管理
  • 〇 分割可
売掛債権
  • 〇 譲渡対象債権の不存在・二重譲渡リスク
  • 〇 譲渡を債務者に対抗するために、債務者へ通知等が必要
  • 〇 人的抗弁を対抗されるリスク
電子記録債権
  • 〇 電子記録により債権の存在・帰属を可視化
  • 〇 債権の存在や帰属は明確であり、通知等は不要
  • 〇 原則として人的抗弁は切断

でんさいネットとは

全国銀行協会が設立した電子債権記録機関「株式会社全銀電子債権ネットワーク」を通称「でんさいネット」と呼びます。

でんさいネットの3つの特長

@

手形的利用

  • 中小企業の資金調達の円滑化に資する最も汎用的な利用方法として、現在の手形と同様の利用方法を採用しています。
  • 手形の取引停止処分制度と類似の制度を整備しています。

A

間接アクセス方式

  • 金融機関を経由してでんさいネットにアクセスする方式により、現在利用している取引金融機関をそのまま利用できるため、安心してサービスを受けることが可能です。

B

全国の金融機関が参加

  • 全国の金融機関が参加する信頼・安心のネットワークのもと、社会インフラとして構築されます。
  • 既存の金融機関間の決済システムを利用し、確実に資金回収できる仕組みの提供が可能です。

電子債権取引イメージ

電子債権取引イメージ

  • 発生記録・・・電子記録債権を発生させる
  • 譲渡記録・・・電子記録債権を譲渡する
  • 支払等記録・・・電子記録債権にかかる支払いが行われ、債権が消滅したことを明らかにする

ご利用環境

おかしんでんさいダイレクト(ID・パスワード方式)推奨環境一覧はこちら

おかしんでんさいダイレクト(電子証明書方式)推奨環境一覧はこちら

ご利用時間

平日(月〜金) 休日(土・日・祝日)
インターネット 7:00〜24:00
(15:00以降は予約のみ)
7:00〜24:00
(15:00以降は予約のみ)
窓口 9:00〜15:00
(14:00以降は予約のみ)

※毎月第2土曜日はシステムメンテナンスのため終日ご利用いただけません。

ご利用料金

基本手数料:(月額・税込)

おかしんビジネスダイレクトを使用されている場合
無料
おかしんビジネスダイレクトを使用されていない場合
1,100円

利用料:(1件あたり・税込)

発生記録 譲渡記録 変更記録 入金手数料
インターネット 当金庫宛 330円 330円 330円 220円
他行宛 550円 550円
窓口 770円 770円 770円

※基本手数料については、ご利用開始日の翌々月25日(信用金庫休業日の場合は翌営業日)が第一回目の引落としとなります。

※利用料については、当月ご利用分が翌月25日(信用金庫休業日の場合は翌営業日)に決済口座より引落としとなります。

※その他利用料については、窓口までお問い合せください。

おかしんでんさいダイレクトに関するお問合せ

岡崎信用金庫EBサービス
0120-150-307

岡崎信用金庫EBサービス
0120-150-307

受付時間 平日9:00〜17:00 
※休業日 土日祝、12/31〜1/3

管理者
ログイン

利用者
ログイン

"d-"からはじまるIDで
ログイン