岡崎信用金庫と考えるライフプラン

相続

相続

相続

今まで築きあげてきた大事な資産。お客さまの大切な人のためにきちんと残していきたいところです。
相続を円満に進めるには、どうすればよいか、相続には多くの疑問や不安があります。相続手続や相続税、遺言などについてご案内いたします。相続について考えていきましょう。

相続税について

相続税について

※法定相続人の数
 民法の法定相続人の数に、次の点を反映させたもの。
 ①養子がある場合、1人を算入(養子が2人以上で実子がいない場合、2人まで)
 ②相続放棄した者がいる場合も、その者を算入

各相続人の仮の相続税額

遺言について

遺言とは?

ご自身の意見に沿って財産を配分するために作成するもので、法定相続に優先されます。遺言どおりに財産を引き渡したり、名義を変更することを遺言の執行といいます。
円満に相続手続を進められるように、遺言を残される方が遺言書を書くケースが増えています。遺言書を残すことで、相続人がもめる可能性は低くなります。

  内容 メリット デメリット
公正証書遺言
  • 遺言者が遺言の内容を公証人に口述
  • 公証人が作成・保管
  • 形式不備の心配がない
  • 紛失の心配がない
  • 家庭裁判所での検認手続きが不要
  • 証人が2人以上必要
    (証人は相続人になれない)
  • 費用がかかる
自筆証書遺言
  • 遺言者が遺言書全てを自筆
  • 署名、日付も自筆
  • 押印が必要
    (実印の他、認印でも可)
  • 簡単に作成できる
  • 誰にも知られずに作成できる
  • 費用がかからない
  • 家庭裁判所での検認手続きが必要
  • 形式不備で無効となる可能性がある
  • 遺言書の紛失や他人による隠匿、破棄の危険性がある
秘密証書遺言
  • 遺言者本人が作成
  • パソコンでの作成や第三者による代筆も可
  • 公証役場へ持参する
  • 内容の秘密が保たれ、紛失、偽造変造、隠匿の危険が低い
  • 遺言の存在が明確になる
  • 公証人や証人が関与するなど、手続きが煩雑
  • 費用がかかる
  • 家庭裁判所での検認手続きが必要